やってみなくちゃわからない!ホソノ

これまでの大科学実験

実験11「卵の上に立つラクダ」

力の分散を検証する大実験。ひとつの卵の上に体重700kgのラクダが乗ったら簡単につぶれてしまう。しかし、500個の卵ならどうだろう?500個の卵は、ラクダの重さに耐えられるだろうか?

コラム今回の実験 「卵の上に立つラクダ」

 重さを分散(ぶんさん)させれば、ラクダだってたまごに乗(の)せられる── それが今回の大科学実験です。「分散(ぶんさん)」って、むずかしそうな言葉ですが、かかる重さを1点ではなく広い面で支えてちらばらせることです。同じ重さのものが乗ったとき、面積が広ければ広いほど、重さは分散されます。ラクダが直接たまごに乗れば、かんたんに割(わ)れてしまいますが、大きな板に乗れば、板の面積で重さを分散できます。

 大実験では、まずラクダのジャクソンをアクリル板に乗せて、それからラクダごと板をゆっくりと下ろして行きました。たまごの上に板をおき、そこへラクダに歩いていってもらった方がずっと楽なはずです。なぜ、こういう手順にしたのかわかりますか?

 この実験で大切なのは、500個のたまごすべてに均一(きんいつ)に重さがかかるようにすること。アクリル板のほぼ真ん中に重心(じゅうしん)がくるようにラクダが乗っていれば、500個のたまごすべてに重さがうまく分散されますが、体重約750kgのラクダが歩いて乗ると、重心がかたよって板がかたむいてしまい、場所によって大きな重さがかかってしまうところができます。

 じっとしているラクダは、4本の足すべてで体重を支えていますが、歩くときには足をうかせるので、その間は残りの足で体重を支えることになります。3本の足で支えるならば、4本の足の場合に比べて、アクリル板の重心がずれてしまいます。また、ラクダには「上げた足をそーっと下ろして」とたのむことはできません。元気よく足をふみ下ろせば、その足の裏(うら)には、重さ以上に大きな力がかかり、これでもまたアクリル板のかたむきが大きくなってしまいます。

 じっさいに、ラクダのジャクソンが板から下りようと歩き出したとたんにたまごは割(わ)れてしまいました。超(ちょう)スローモーションの映像(えいぞう)をみると、板がななめになっていました。たまごたちの悲鳴(ひめい)が聞こえてきそうな映像(えいぞう)でしたね。

 実は、収録(しゅうろく)当日にスタジオへ取材(しゅざい)に行き、「割れた後のたまご」の写真をとっています。ちょっとみなさまにお見せしたい写真です。下記リンク先のブログにのせてますので、よろしかったらどうぞ!

詫摩雅子/元 日経サイエンス編集部
日経サイエンスブログ

Page Top